日本では欧米に比べ、独立起業する人は多くないようだが、会社の業績が悪くなり仕事が面白くなくなったとか、自分に合わないと悩み、肉体的・精神的に追い詰められ病気になってから、退職や独立起業を考え出しても、そう簡単に事は進まない。

先ずは、体調を戻すことであり、自分がやりたい好きな仕事とは何かを見つけ、自分ひとりで、或いは誰かと一緒に始めるかと、開業資金はどうするか、やりたい事の市場性はどうか?生活できる程の業績を上げられるのか?等々を考えて行くと、実際は、そう簡単に退職して独立起業の道を選択できないものである。

なら、どうするかと言えば、当たり前のことだが、会社の業績や自身の仕事も順調なうちに、現存する仕事の視野とか理解を拡げておくことである。少なくとも、将来、どんな繋がりが生まれるかもしれないので、興味の幅を広げることが第一歩だろう。

会社から毎月給料を頂いているからと思い、いつも今関わっている仕事のことばかり考える真面目な会社員もいるだろうと思うが、それはそれで結構な事ではあるが、出来れば、会社での勤務時間外に仕事のことを考えるなら、自分自身にとって「仕事とは何だろう?」と考えてみて欲しい!

個人や数人で起業できる仕事とはどんなものがあるか考えてみる。自身が関わったことがない興味ある分野の仕事なら、それに従事している人の話を聞く。或いは、幅広い分野の本を読むだけでも良いだろう。考えたり、話を聞いたり、見たり読んだりする中で、自分の気持ちがわくわくしてくることがあれば、その分野をチェックしておくことである。そして、通勤途上でも、一人でお茶している時でも、風呂に入っている時など、時間がある時に、そのわくわくする事に関連した仕事に従事するとしたら、「自分はどうするだろうか?」と考えてみる。仕事についてのイメージトレーニングとか、シンキングトレーニングをやってみる。

そんなことを考えながら、SO!では、本来はフリーランスの方や起業家向けの仕事場として、「シェアオフィス」や「レンタル会議室」、「シェアサロン」などをこの10年企画運営してきましたが、昨今の厳しく不安定な雇用環境の中では、独立起業する前段階の「会社員」にとっても、自分自身の仕事について真摯に考えたり、学んだり出来る「居場所」とか、(自宅や職場以外の)「もう一つの仕事場」が必要な時代になってきたとの思いで、昨秋よりスタートしたのが、この『もう一つの仕事場』だったのです。
そんな我々の思いに共鳴頂ける方は、先ずは、「実務者に聞く仕事の現場」をコンセプトとした、『もう一つの仕事場月例勉強会』に参加しながら、あなたの仕事について考え始めてみませんか!

尚、『もう一つの仕事場』の4月月例勉強会は『低予算で開業する飲食店』をテーマに、座談会形式の気楽な勉強会を4月28日(火)を開催します!
詳細は、当サイトのセミナー・イベント欄(http://www.double-job.com/event/)、又はSO!ブログ(http://bit.ly/1Mjky0V)をご覧頂ければ幸いです。

 

Comment